2012年12月30日

大漁旗の染め直し,化学染めに挑戦

ある方より、大漁旗の染め直しを依頼されました。寸法は正確に測っていませんが幅1.5m長さ7m位で、布が帆布に近いほどの厚みと硬さがあります。何の染料か判りませんが、原色のバカ派手な柄でデザインされており、袋から取り出された時は得体の知れない塊で、広げて『大漁旗』と聞かされ、原色の散らばめられた多色の大きさと、場所によってはペンキで塗布されたように思える個所もあり、房が上質な糸で鮮やかです。まさに圧巻され、初めて目前の『大漁旗』に痛く感動しました。

染める前の「大漁旗」です。
この布の塊をみると、どんな注文でも到底草木染めでは対応できそうもありません。断るしかありません。
依頼主の目的は派手さを消しバッグを作るとの事です。化学染でも良いとの事です。バッグのデザインなどを聞きますと、イメージが湧き素晴らしく希望を叶えて上げようと思いました。

現役の頃は草木染めより化学合成染料の染色が多かったです。
早速、茶系の綿用の化学染料を取り寄せ染めて見ました。容器の関係で2mに分断して染めました。重量は600gもあります

依頼主さんは染めあがった派手さが消えた色味に大喜びで、「いいわ」「いいわ」拍手の連発で、眺めたり、布を触ったりで、その喜びにうれしく引き受けて良かったとつくづく思いました。


今までは、草木染の深い彩に囚われ、染め上がりの色味はイメージするものの、2・3種類の素材を重ねると思いもしない色味が発色して、その魅力に取り付かれていました。
私は今まで「魅力ある深みの彩り」を売ってきましたが、今回の染め直しで化学染料を染め、お客様の大喜びの情感する姿に考えさせられました。

草木染め以外の化学染では絶対に染めないと言うポリシーを厳守してきましたが、今回の「大漁旗」の染めで工房の商品化も、草木染に拘ることもないのではないかと熟慮して来年に備えようと思います。

方針が決まれば改めて投稿します。








同じカテゴリー(染色日記)の記事画像
『藍染アート』 インド藍で楽しむ情景
『 柿渋アート』と称し 柿渋無料体験
作務衣のインド藍染に創作意欲 満々!!
ベストをインド藍で染めて楽しむ
ゴージャスなインド藍染めストール
草木染め+化学染料も行なうことにしました=仕事の長寿
同じカテゴリー(染色日記)の記事
 『藍染アート』 インド藍で楽しむ情景 (2017-08-21 12:27)
 『 柿渋アート』と称し 柿渋無料体験 (2017-08-08 11:55)
 作務衣のインド藍染に創作意欲 満々!! (2016-08-13 11:30)
 ベストをインド藍で染めて楽しむ (2016-05-22 12:54)
 ゴージャスなインド藍染めストール (2016-04-21 10:11)
 草木染め+化学染料も行なうことにしました=仕事の長寿 (2016-04-02 11:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
彩草工房
彩草工房
http://saisokobo.com/kyousitu/ ホームページはこちら↓
  草木染 彩草工房 本サイト へ

彩草工房の通信販売↓
  ・当工房のオンラインショップ
  ・アマゾンの彩草工房ストア
彩草工房 の↓
  自宅ショップ

教室もやっています↓
  草木染 彩草工房

QRコード
QRCODE
採草工房へ
削除
大漁旗の染め直し,化学染めに挑戦
    コメント(0)